素晴らしき世界、その後

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年

明けて4月12日。
僕たちがはじめて言葉を交わした日から、ちょうど10年が経ちました。


だからといって、何かが変わるというわけではないけれど、
積み重ねてきた日々を顧みて、明日に繋げるきっかけになればと思っています。


この10年。

何度も別れ話がでました。
何度も喧嘩をしました。
何度も嫌いになりました。
お互い、別の男を好きになった時期もあります。
何度も修羅場を乗り越えてきました。

いいことばかりじゃない。
けっして、誰かに誇れるものじゃない。
「お互い相手のことを思いやって」なんて、そんな綺麗なものじゃない。
それは、もっとドロドロとしていて、
憎悪や嫉妬や執着や私欲が渦巻いている。
それをどうにかこうにか辻褄を合わせて、ようやくここまでたどり着いた。
そんな感じの10年でした。


それでも。

それでも10年経った今、こうやって一緒にいるというのは、
おそらく、お互いに居心地がよかったのでしょう。





さて、11年目。
僕らの第2章が始まります。

男女のカップル(夫婦)に比べたら、うんとお手本の少ない僕らですが、
それでも、この先、ふたりで楽しく、
そしてできるかぎり長く一緒に生きていけるように、
毎日を大切にしていきたいと思っています。







ここまでの記事は、僕が2005年から2006年にわたって別の場所で書いていた『唯我独尊』というブログを一部修正して移築したものです。コメントなどは移していません。

スポンサーサイト

10th ANNIVERSARY!






1996.04.12 - 2006.04.12






1996年の日記

1996年2月14日
秋学期の試験もひと段落して、あと4科目になった。あきらめの境地だ。何もしてこなかった奴が、いまさら何を頑張ったところで、結果が変わるわけがないのだ。ところが、俺よりもさらに上をいくバカを発見。学食でニッサンとばったり会ったのだが、「助けてー!」と悲鳴を上げていた。奴は3科目受けたうち2科目をすでに落としているらしい。これだからニッサン大好き。これまで受けた予想。民法◎、文化人類学×、現代文化論○、社会思想史○、文章表現論◎、環境社会学△。

1996年2月15日
精神医学まさかのドツボ!楽勝般教のはずが敗北者続出。うわさを信じて勉強してなかったため、うそ、でたらめを書きまくって終了~。ちなみに放送論はGET確実!そして、バクさん結婚おめでとー!B号館で写真撮影大会。男ばっかでパシャパシャ。

1996年2月17日
タケからダンパの誘い。パー券余ってるからってムリヤリ連行。途中で山さんと合流してマハラジャへ。てか、俺、試験真っ最中なんだけどなぁ。山さんが女子高生ナンパして、そのままチャーリーズクラブへ。そこで飲んで、そのあとカラオケ行って、PB番号聞いて、そのままバイバイ。てか、俺には何のメリットもないんだよなー(ふたりにはゲイってこと言ってない)。

1996年2月22日
最後の試験は性格発達論。試験直前まで履修してることすら知らなかった科目。あわてて講義ノート買ったけど、よかったマーク方式で。試験後、ミナトとトオルと十三マクドで話し込む。来月、トオルと行く中国旅行の打ち合わせ。3月は忙しくなるなー。夜にダンパで知り合った女の子のうちのひとりから連絡あり。共通の話題がなくて、ぜんぜん盛り上がらず。てか、俺、関係ないやんっ!

1996年2月23日
「卒業までの1年は死ぬほど日焼けしたい」って大江千里の曲の歌詞。ま、俺は留年組なんで、あと2年やけどね。卒業組のみんなといられるのもあと1年。つーわけで、ニッサンと夜中にビリヤード。明日もニッサンは試験らしい。

1996年2月26日
やっと全員の試験が終わったーっ!てなわけで「打ち上げ」という名の宴。ネハ邸でささやかな(本当にささやかな)鍋。しかもとてつもなくまずい!!俺は「みそ煮込み」がいい!と主張するも簡単に却下されて、けっきょくまずいキムチ鍋。で、いつものごとくセガサターン大会やら酒盛りやら、各自勝手に遊んで宴、おわり。

1996年2月27日
先々週の北海道旅行の写真が出来上がった。それで、現地で偶然知り合った院生のてっちゃりさんに写真を渡しに、トックーと文学部の研究室に行くが不在。ダンパの女の子からまたTELあり。

1996年2月29日
去年は戸狩やら赤倉やらいろいろいったけど(シーズンの半分くらいを雪山で過ごしたんじゃないか?)、今年はトーンダウン気味のスキー。今シーズンやっと2回目でたぶん最後。しかも村氏、トオル、なべちゃん、キシモというなんともうちのサークルらしいまとまりがあるのかないのかようわからんメンバー。スキージャム勝山という中途半端なとこなため、待ち合わせも大津に深夜2時という中途半端さ。それでもゲレンデに着けば、うきゃーってテンション上がるはずだったが、あいにく大雨。急遽、三千五百円のポンチョ買ったものの、げんなりして早めに帰宅。車に乗せていたキシモを送って、帰りに便利堂に立ち寄る。

1996年3月2日
梅田でゼミコン。今度のゼミ合宿の車をどうするーって話で、O氏とI氏を乗せることになった。2次会キャンセルしてひとまず家に戻る。コーヘイから遊びの誘いの電話が入ったけどこれも断って、タケの電話もどーでもいいから無視して、山さんの家へ。ダンパの女の子とどっか行くって件で打ち合わせ。ふたりで夜どおし、くだらないことを語り合う。いつも他に誰かおったから、ふたりでこんな長い時間語るん久しぶりかもねん。

1996年3月4日
昨日、ダンパの女の子から電話があった。たいした用事じゃなかったからすぐに切った。なんとなく嫌な感じだった。彼女の態度が嫌だったとか、そういうわけじゃない。理由はない。ただ、そう思った。これからゼミ合宿用のレポートを仕上げないといけない。けど、そんな気分じゃない。中国の地球の歩き方でも読もうかな。なんかやる気のない一日。

1996年3月6日
サークルの最後の合宿には、結局行かなかった。このまえの北海道旅行と今度の中国旅行でお金がないというのが表向き。でも、本当はあのしがらみがちょっとめんどくさかったり。ダンパの女の子たちと5人で神戸へ。まず須磨海岸で花火(前々回の北海道旅行のあまりがたまたま車に積んであったのだ)。女の子たちはせっせと砂の山を作ってた。そのあと、ハーバーランドから六アイへ。そのあとビリヤードして、結局、朝方に女の子を送っていって解散。それにしてもタケの自己中ぶりには切れそうになった。全然空気読めてへんやんっ!てなわけで、山さん、おつかれさん。(で、ふたりは成果あったのか?俺は関係ないけど)

1996年3月8日
午後からトオルと淀屋橋で待ち合わせ。中国ビザを取らないといけないらしく、そのへんはトオルに任せっきりなのだが、パスポートと写真が必要らしい。夜、ダンパの女の子に電話する。ってか、俺ばっか働いてない?俺、何のメリットもないのにぃ!おとといのタケのこと、謝っといた。その後、山さんと電話。やっぱり山さん、彼女たちに電話してなかったみたい。結局、結論。もう彼女らは追わなくていいんじゃねーの?って、やる気満々やったん、あんたらやっ!

1996年3月10日
ダンパの女の子と待ち合わせてアメ村へ。ひょっとしてこの娘、俺に興味あるんかなーって。タケでも山さんでもなく、俺に電話してくるし。でも、それに応えられない事情があるのよね~、俺。でまあ、話の流れでアメ村行くことになって、何するわけでもなくブラブラ。マクド行ったり、ドトール入ったり。結局、映画も時間合わずに見れなかったし。こんな約束しなけりゃよかった。帰りにあの人の顔がちらついた。ふとしたときに思い出す。しゃべり方とかしぐさとか。俺はまだあの人から卒業できてないのだろうか?

1996年3月13日
「たまに」の家族旅行。加賀山代温泉。まずは金沢行って、そのあと温泉へ。でも、北海道行ったあとだもの。スケールの小ささと「観光化」っぷりに興ざめ。ま、宿と料理が豪華だったからいっか。

1996年3月14日
「メシ食った?」「まだやけど」で、山さんとガストへ。んで、そのあとビリヤードへ。山さんとはあんまり行かないから新鮮だった。サークルのやつらはビリヤードしかしらんのかってくらいよく行くけど。あいつら、地元で影練してるから、上手すぎるんよね。いつも負けてばかり。んなわけで、山さんには快勝、快勝。知らない間に上達してるのね、俺。

1996年3月16日
ハヤミンに生まれてはじめてゲイバーに連れてってもらった。そのあといつものメトロへ。今日はツキイチのゲイナイト。俺のもうひとつの顔。ハヤミンの顔見知りでシンタローって子と初めて会って、入口んとこでずっとしゃべってた。こうやって広がっていく感じがいいね。で、このナイトでいつものお決まりの「ゴーウェスト」んとこだけ、みんなで踊って、ハヤミんとこでお泊り。

1996年3月17日
大学に入って3年間。つらいことも楽しいこともあったが、そのバックグランドにはいつもサークルというものがあった。大学の友人のほとんどは、サークルつながりだったし、思い出もいっぱいできた。そのサークルが今日で解散。ま、これでみんなバラバラってわけでもないし、もう会えないってわけじゃないんだけど、「看板」がなくなるのはちょっと寂しい。そうそう。ミナトが彼女と別れたって。そんなこんなで今日は解散コンパ。

1996年3月18日
ゲイナイトじゃないけど、ハヤミンとメトロへ。でも、なにげに今日は空回り。今日もシンタローが来てた。いったい何者!?山さんからPBにメッセージ。「ハヤクオンナショウカイシロ」。

1996年3月19日
トオルと淀屋橋で待ち合わせ。預けていたパスポートの受け取り。そのあと、喫茶店でトックーの話で盛り上がる。そのあと家に帰ってぐっすり眠る。そういえば、土曜日からほとんど寝ていない。

1996年3月20日
暇な一日。朝から晩まで布団の中。夜、あまりに暇だったから、便利堂でバディ買って、店で読みながら、この前連れてってもらったゲイバー行こうかなーとも思ったが、一人で行く勇気もなく。ニッサンからPB。「セイセキハッピョウ、ダイガクマデクルマニノッケテッテー」

1996年3月21日
北山のビームスで買い物。グレーのシャツを買ってみた。夜、12時くらいPBの音で起こされた。わけのわからない数字が並んでたから、いたずらかなと思いつつ、フリーワードを解読していくとハヤミンだとわかった。「明日」という言葉と名前は読めたけど、その他はわからなかった。てかPBくらいちゃんと打ってーや。

1996年3月22日
そういや、ダンパの女の子からの連絡がなくなったな、と思った。こっちから連絡することはないから、一連の騒動は終わったわけね。ハヤミンとメトロへ。でも他に知ってる人が誰も来てなくて、ハヤミンは顔が広いからあちこちに挨拶したり、中央で踊ったり。ひとりで壁にもたれてボーっとフロアを眺めていた。なんか今日はのれない。

1996年3月29日
中国から帰ってきた。上海、北京の旅。家に帰って風呂に入っている間、ハヤミンからポケベルにメッセージが。そっか、今日はダイヤモンドフォーエバーの日だ。疲れをむりやり吹き飛ばして、11時にメトロ入り。知ってる顔がちらほらで楽しかった。ドラッグクイーンもまあ、いつもどおり楽しかったし。しかし、最近、身体にムリして遊んでるなあ、俺。

1996年3月30日
山さんとタケに中国土産を持っていく。山さんにはキョンシーの帽子。タケには人民帽。そのあと、夜通しビリヤードして遊んだ。

1996年3月31日
最近ノンストップで活動してきたので疲れがたまっている。ムリヤリ遊ぶ予定を入れているのは、あの人を忘れるため?なんてふと思ったりして。そろそろバイト復活しないといけないんだけど、バイト復活したら遊べないし、遊ぼうと思ったら金がいるし。明日からゼミ合宿。必死でレポート作成中。

1996年4月1日
ゼミの女の子たちを拾って、合宿所へ。今日はゼミ合宿。一泊二日で卒論の計画発表。とは名ばかりのお遊び旅行。一日目は何もせず、宴会。してたらしいけど、俺は別室で安ちゃんたちとなぜかまじめな語り。夜中、なんでかみんなで缶ケリやった。あ、なんか青春っぽい。そのあと、先に寝ていたオータ氏の額に「肉」と書いたりして、結局朝方に寝た。

1996年4月2日
発表もなんとか無事終了。少ない知識でいかに大きく見せるか。ザ☆その場しのぎ。昼過ぎに解散して、一部だけでボーリングへ。それにしても、俺、ボーリング下手かも。スコア100程度で、大ブーイング。

1996年4月3日
山さんの大学に連行される。サークル勧誘がてら、新入生をナンパするからついてきて、というくだらない用件で。俺、ゲイやし関係ないやんっ!などとも言えず、親友のためにひと肌脱ごうかとも思ったが、結局、収穫なしで、とぼとぼ帰る。何しに行ったん???

1996年4月4日
大阪のクラブへ行く。昔、一回来たことあるけど、ここでゲイナイトやってるなんて知らなかった。ハヤミンを車に乗っけて大阪へ。が、しかし。人が全然いなくて、興ざめ。シンタロウと終わってるねーなんて言いながら。結局早めに退散。

1996年4月5日
暇な時間、ふと思い出すのはあの人のこと。もう終わったんだなあ・・・と。さっきのポケベルの空打ちがあの人からだと思いたい。

1996年4月8日
結局、朝方に帰ってきた。うちのワン公が散歩から帰ってきて、俺をみてワンワン吠えた。俺、不審者!?2度目のゲイバー。昨日はこのまえと違う店にも連れて行ってもらった。あの人のことを忘れようとしている。自分でもそれがわかる。そういや、ゲイバーにかばん忘れた・・・明日取りに行かなくちゃ。

1996年4月9日
ゲイバーで知り合ったかっちゃん。明日、待ち合わせ。

1996年4月10日
書けないことがいろいろあって、また来週待ち合わせ。




1996年4月12日
メトロのノットストレート。シンタロウも他の顔見知りもいて、なんかみんな友達って感じがいい。たまたまひとりになる時間があって、ぼんやりフロアを眺めていたら、●●さん(現・彼氏の名前)って変な人に声をかけられた。最初にゲイバーに行ったときにいた人なんだって。覚えてないけど。電話番号交換してみた。




1996年4月13日
夕方、●●(現・彼氏の名前)さんに電話してみた。電話番号聞いたら礼儀として普通かけるよなあって思ったけど、●●さんが引いた感じで、なんか積極的なやつって思われたかもしれない。

1996年4月15日
ゼミだけのために大学へ。でもやっぱり出席率は悪かった。留年組以外は就職戦線真っ只中だからね。つまんねーの。麦さんたちとしゃべりながら帰る。夜、●●さんと会う。ゲイバー行って、屋台村行って、そのあと泊めてもらった。まさか、こんな展開になるとはね。

1996年4月19日
なんでか、ここ数日、連チャンで●●さんと会っている。毎晩泊まって、毎晩やって、朝に帰って、また次の晩に待ち合わせて、泊まりに行くって毎日。ん?これって何かがはじまる感じ?今晩は、しばちゃんの送別会。今年卒業して、実家つぐために九州帰るそうな。そういや、サークルで集まるの、半月ぶりくらいだっけ?

1996年4月20日
ゲイバーで知り合ったかっちゃんとドライブ。かっちゃんの車でボーリング行って、そのあと、またやってしまった。最近、やってばっかだなぁ、俺。なんか、誰が好きなのかとか、わからなくなってきてる。

1996年4月24日
●●さんと待ち合わせ。●●さんの友達と3人でボーリングへ。かっちゃんと行ったときはけっこうスコアでたのに、今日はまたヘタレに逆戻り。しかも、ちょっとの間、路駐してたら駐禁とられて最悪。結局、ショックから立ち直れないまま●●さんの部屋に泊まる。いつ来ても、この部屋は汚い。そして、そんな●●さんの部屋は、ちょっとだけ居心地がいい。

1996年4月25日
昨日、駐禁で12,000円とられたので、金のかからない遊びをしようということになって、●●さんと桂川の河原に行った。フリスビーとかキャッチボールとか。今日は最高気温25度の夏日。半月前までピーコートとか着てたのに、嘘みたく暑い。今年は春がなかったみたいだ。エルニーニョだっけ?ま、いいや、そんなこと。そういえば●●さんのことを、●●ちゃんと呼ぶようになった。これって、進展?

1996年4月26日
昼間、履修確認と健康診断で学校に行った。健康診断なんて最悪で、長蛇の列。なんでレントゲン一枚撮るだけで、1時間も待たなあかんねんっ!メトロのゲイナイト行ったけど、あんまり気分が乗らなかった。シンタロウたちも来ていたけど、すこし話してすぐに帰った。

1996年4月27日
ニッサン、コーヘイと四国に旅行に行く予定で、●●さんにも土産を買ってくるなんて言ってたのに、コーヘイと急に連絡が取れなくなってあっけなく流れた。しゃあなしで、ニッサンとビリヤード。そのあとファミレスで閉店まで粘る。何をしゃべったかは覚えていない。たぶん、どうでもいい話だったはず。

1996年4月28日
「耕平と連絡がついた」とニッサンから電話。西院にある居酒屋へ。コーヘイは店をやめて、現在休職中とのこと。そんなコーヘイに飲み代、おごってもらいました、とさ。よ、太っ腹っ!

1996年4月29日
今日は何もない一日、と思いきや、山さんから電話。就活をはじめたというから、こっちからの連絡は控えてたのだが。メシでも食おうってことで、タケも呼んで、ファミレスへ。その後、タケの家に行って、酒を飲んだ。タケは早々に寝てしまったけど、山さんとは朝までいろいろ語った。山さんは俺の親友だ。

1996年4月30日
●●さんから誘いで、勉強もできず(ヒマだからといって勉強するわけではないが)。ビリヤード、俺が勝ったから、たこ焼きおごってもらった。そのあと家に泊めてもらった。だらーとテレビを見た。この部屋のテレビ、古くてやだ。

1996年5月1日
昨日も●●さんの部屋に泊まり、車で店に連れていく。ちょうど定休日で親はいなかったし。今日はSちゃんの部屋に泊まる約束があるのだそうで、帰りに車で送ってあげた。んで、明日はまた●●さんとテニスをする予定。なんか、このところ毎日一緒にいる。そんなつもりなかったけど、ひょっとしてこの関係って、「付き合ってる」っていうことなのかも?それもまた悪くない。

てんめぇ!

「金がない」と、10周年の記念イベントもプレゼントも、なにもかも渋ってきた彼氏だが。


今日、仕事から帰ったら、見慣れないカバンが。


僕:「あれ?これ何?」
彼:「あ、うん。新しく買ってん」
僕:「って、金ないって言うてたやん!」
彼:「それはそれ、これはこれ」
僕:「てんめぇ!(怒)」

もちろんプレゼントなんかじゃなく、あくまで「自分用」とのこと。

なにはともあれ、10周年まであと3日。

君は僕の宝物

彼氏と食事に行った。
10周年のささやかなお祝いということで。
(本当の10周年記念まであと4日!)

僕が考えてたホテルのフレンチや、料亭の懐石は全却下されたが、
とある鍋料理屋さんで、完全個室で、お造りや寿司もついたコース。
しかも一人3,000円!

そんなわけで、彼氏とふたりで日本酒で乾杯。
腹いっぱい鍋を食って、ぐびぐび呑んで。

幸せな気分だった。


そんで、10年間の総括らしきこともして。




  初めてのデートは須磨海岸やったよなあ。
  そうそう、水族館でちびっこ達にまみれてイルカショー見てん。
  ほんで、写真撮りまくったよなあ。
  あの頃は、めっちゃ細かった。こんな太るとは思ってへんかったわ。
  ほんま、軽い詐欺にあった気分やわ。



10年。
ただの区切りでしかないけれど、
数え上げたらきりがないくらい、たくさんの思い出ができた。
いっぱい笑ったし、いっぱい泣いて。
僕は幸せ者だと思います。




「俺はオマエをこれまでも幸せにしてきたし、これからも幸せにしていく」



彼氏のその言葉どおり、僕は少なくとも、この10年間、「寂しい」と思った事がなかった。
僕ではない誰かが、僕のことをすべて知っていて、常に隣にいる。
誰かと一緒に人生を共有するということは、すごくわずらわしいことではあるけれど、
同時に、それはすごく豊かで幸せなことだと思うのだ。


sakura

桜が満開だ。

うちのマンションの近くに公園があって、桜が咲き乱れている。
そのうち、ひとひらずつ散りはじめるのだろう。


桜は満開の姿よりも、散って行く姿の方が好きだ。
これからが楽しみ。

僕らはいつまで、この公園の桜を眺める事ができるだろう。


晴れて、気分のいい休日。
春の午後でした。


sakurasakurasakura.jpg

特別感

10周年の記念日に、美味しいものを食べに行こうと、言っていた。
京懐石とか、ホテルのフレンチとか。
なんでもよかった。
いつもと違う「特別感」が欲しかっただけなのだ。

ところが、ここにきて、
彼氏が、「やっぱり家で飯を食おう」って言い出した。

なぜって、金がないから。

僕:「おい、こら!先週も朝までゲイバーで飲み明かしてたよな!」
彼:「だから金がないねんて」
僕:「なら、呑みに行くなよ!」
彼:「しゃーないやろ、ないもんはないんじゃ!」

せっかく、楽しみにしてたのに・・・

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。