素晴らしき世界、その後

MENU

とにかく、これで終わり。

夜、東京の友達とカラオケに行った。
「失恋してん」
そう言って、別れの曲ばかり歌った。
自分に酔ってるうちに、どうでもよくなってきた。

年末に一度別れているから、それほど悲しくはなかった。
むしろ白黒がついたことに、ほっとしていた。

一度別れて、またやりなおしてからのこの一ヶ月半は、
別れたときに割り切れなかった気持ちの余り分のようなものだったんだと思う。

とにかく、これで終わり。

とにかく、これで終わり。

スポンサーサイト

error

「合鍵」を求められてから、まだ返事をしていない。
むこうからもメールが来ない。

出張で東京に行く新幹線の中で、Tのことが気になって、
思い切ってメールをしてみた。

合鍵には触れず、今、東京に向かってるという報告のメール。


文章を入力して・・・
送信・・・

返信は速い。
速すぎる。

メールを開いてみる。


「次のあて先へのメッセージはエラーのため送信できませんでした」


何度やっても結果は同じ。


終わった。。。



着信拒否か、アドレス変えられたか。
どちらにしても、こんな終わり方って・・・悲しい・・・

彼氏からのメール (9)

仕事で忙しい毎日です。

来月は●●で●●の予定があって、今日はその準備で大忙し。
大変だけど、こういうひとつひとつが業績につながるわけだからね。

こうしてがんばっているのも、ちゃんと日本に帰れるようにという思いからです。
それが可能かどうかはわかりません。
ひょっとしたらずっとこっちの生活になるかもしれませんが、がんばっています。
それもこれも、おまえとまた楽しく暮らすためです。
そこんとこきちんと理解しておいてくださいね。。

それでは。


大勝負

ゲイ友とランチ。
僕の今の状況、つまり合鍵の件を話したら、ゲイ友はこう言った。

「その人は一世一代の大勝負にでたのよ、きっと」

合鍵をくれたら勝ち。
くれなかったら負け。
もちろん、戦いの相手はタイの彼氏。

ねるとんで例えるなら、Tは僕に手を差し出した。
僕はその手を掴むでも、断るでもなく、無視している。

僕に手を差し出して欲しかったんだと思う。

今日もTに連絡しなかった。
Tからも連絡はなかった。

このまま終わってしまうような、そんな気がする。


雪が降った

この街に、雪が降った。

朝、目が覚めたらうっすらと積もっていて、
こういうときに、傍に誰かがいて、
ちょっとした感動を分かち合えたら幸せなのに、と思った。

あれから、
合鍵くれというメールが届いてから、
Tには連絡していない。

Tからも連絡はこない。


タイの彼氏のことが好きで、
それはゆるぎないはずなのに、

頭の中は、Tのことばかり。

欲しがっているもの

薄々、気がついてはいた。
Tが欲しがっているもの。

この前来た時、商店街を歩いていて、
ふと、Tがある店の前で立ち止まった。
ほんの一瞬だけど。それでピンときた。


Tが欲しがっているもの。

この部屋の合鍵。


仕事が終わる時間が合わないから、
合鍵さえあれば、この部屋で僕が帰ってくるのを待っていられる。
そうすれば、休みの日じゃなくても会える。


そして今日、とうとう、そのメールが来た。
「なあなあ!合鍵とかくれや!」


合鍵を渡すことは、それだけの意味じゃない。
タイの彼氏がこの部屋に来れなくなるということであり、
それはすなわち・・・

今のままじゃいられないのはわかっている。
彼氏も好きで、Tも好きで、どちらともうまくやっていく。
そんなこと、できないのはわかっている。


そろそろ、二者択一をしなければいけない時期。
限界なんだろうか。

運命

会えないのは、Tも同じ。

仕事が忙しいらしく、なかなか会う予定が立たない。
僕と仕事が終わる時間帯がぜんぜん違うから、
仕事終わりに待ち合わせて会うのも難しい。

「もう聞いたって!!これから2月末まで休みナシやで~!!殺されるわっ!!
そんな愚痴メールをなだめながら、この週末はけっきょく会えずじまい。

おとついは堂山でひとりで飲んで、昨日は友達とご飯たべて。


2月はひとりでいることが多かった。
俺、そういう寂しい運命なのかも。。。

優しい声

正月のタイ以来、はじめてスカイプが繋がった。
久しぶりに聞く彼氏の声。
好きだった優しい声。
その声を聞いたら、愚痴がどんどん口からこぼれ落ちて、
彼氏を困らせてしまった。

こんなに、自分の思ってることを思ったままにぶつけられるのは彼氏だけ。

でもね。
2ヶ月に1回しか声を聞けないこの状況をなんとも思わない彼氏って、
もう、気持ちが薄らいだとしか思えない。

自分のことを棚に上げてるのは百も承知だけれど、
気持ちは距離に勝てないと、最近、つくづくそう思う。

癒し

Tが遊びにきた。

仕事の繁忙期に加えて、リンパの腫れでぐちゃぐちゃな毎日(本人談)を送っていたT。
今日だけはゆっくりしたいねん!と僕の部屋に遊びに来てくれた。

この部屋は、癒されるらしい。
たしかに。僕の部屋のテーマは「癒し」。
オレンジの照明だったり、お香だったり。
癒しアイテムは満載。よかった、気にいってくれて。

疲れているのか、Tは夜の12時くらいに眠りはじめて、
次の日の昼の12時くらいまで寝ていた。

起きて、ちょっとした贅沢をと、懐石料理屋でランチして、
家帰ってエッチして。

今度は映画を観に行こう。
そんな休日。

4月の修羅場

4月に彼氏が帰ってくる。
2週間の一時帰国。
しかも、実家にも帰らないといけないらしく、
一緒にいられるのは一週間。
しかも、そのうち僕が休みを取れるのは最大2日。

つまり、2日間しかふたりの時間を確保できないということだ。

まあ、それでもいいや。
2日間だけでも一緒にいられるのなら・・・


ゲイ友から「その間、Tはどうするの?」という痛い忠告が。
頭が痛い。
一週間も連絡取らなかったらバレバレだろうなぁ。。。
修羅場確実。

そろそろ限界かな、この二重生活。
両方に対する罪悪感、さらに膨らんできて、
つらくなってきたし。。。

週に一度はTの顔を見ないと、なんとなく物足りない気分になる。

ところが、Tはリンパが腫れたとかで寝込んでいるらしく、
僕の部屋に来るどころではないらしい。

今日、届いたメール。

ちょっと聞いてくれ!!
今日な、痛いし病院行ったら、小オペされて切られたぁ(泣)
もう最悪な一日!
やっと痛みはひいてきたけど、腫れがぁぁぁぁあああ!!!!!

んなわけで、こんなブサイクな顔見せられへんから、
もうしばらくそっち行かれへんわ

銀世界

一泊二日の社内旅行。
浮気しに行くアリバイに使われがちなだけに、困る。

タイの彼氏からきたメールが、「ふーん、こんな時期に社内旅行?ま、いいけど」
Tからきたメールが「旅行先でオイタとかすんなよ~!!(笑)」

文面は違えど、けっきょく疑われてることは間違いないわけで。


さっき旅行先から大阪に帰ってきたら、銀世界でした。
スキー場きたみたいに雪が降ってるし・・・
寒い。
こんな日は、誰かと一緒にいたいです。

流される

また一週間、彼氏からのメールが途切れた。

こうやって、スカイプが繋がらなくなり、
メールが一週間に一回になり、二週間に一回になって、
気持ちが離れて行くんかなー

って、自分でも情けなくなるようなメールをしたら、

大丈夫ですよ!好きですから!

って、そんだけのメールが返って来た。
僕が求めている答えは、そういうんじゃないんだけど・・・


完全に流されてるよね、これって。

何かは、何?

コノママ君ヲ待チ続ケタトシテ

ソノ先ニ存在スル何カハ

ナニ?


彼氏からのメール (8)

憂鬱なので、全然話を変えますが、
今度俺が帰って日本に住むようになったら、
一緒に犬を飼いたいなぁとひそかに思うようになりました。

タイのいたるところに犬がいますが、けっこうかわいい犬たちがいます。
小さいやつね。

なんとなくそういうのを想像している今日この頃です。

該当の記事は見つかりませんでした。