素晴らしき世界、その後

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けじめ

いつも心を決められずに逡巡しているうちに、状況に流されてしまう。

仕方がないといえば、仕方がない。

僕は昔から白とか黒とかをはっきりつける性質の人間ではなかったし、
多かれ少なかれ、人は色々なことにひとつひとつけじめをつけながら、
生きていけるものでもない。

けれど・・・


しばしば来るTからのメール。

「GWの予定はどう?」との問いに、
「GWは仕事と帰省で忙しいかな」と逃げる。

この状況が大きな破滅を引き起こしそうな、そんな予感。

スポンサーサイト

「なにやってんの?」

いちおう、部屋を大掃除してみた。

ゴールデンウィークに彼氏が帰ってくるから、
Tの形跡を全部消さなきゃと思って。

枕カバーやシーツを新しいのに変えたり、
絨毯についた毛をコロコロできれいにしたり。
買い溜めたゴムも泣く泣く捨てた。
ちょっとでもおかしなところが見つかったら、OUTだからね。


それをゲイ友に言ったら、「なにやってんの?」って呆れられた。

そりゃ、そうだろう。
自分にだって、なにやってんだか、さっぱりわからないんだもの。

ガリガリガリクソン

彼氏とのメール。

「ガリガリガリクソン、笑える!腹痛いっ」

「俺も!今ちょうどそれ見てたとこ!」


感性ってーか、ツボってーか。
そういうのが似てるんだよなー、俺ら。

とはいうものの

とはいうものの。
復活して以来、Tとの関係がまだ続いているのが現実。

「今から行っていける?」
「うん、大丈夫」

そんなやりとりののち、夜遅くに、うちにやって来た。

会うの一ヶ月ぶりだったから、けっこう話がはずんで、
そうこうしているうちにエッチになって、
そのまま、抱き合って眠った。

朝、目が覚めたらTはまだ寝ていて、
その寝顔を眺めながら、ふと、

「そういえば、彼氏が日本に帰って来たこと、まだ言ってないなー」

って思った。

やりにいく

前に、盆休みが取れへんって言ってたやん。
あれ、なんとかやりくりしたらさ、すんなりシフトが通っちゃって。
だからさ、今年も盆は一緒に過ごせるで!


うそ!?マジで!?
もう盆休みは諦めててん。
ひとりで実家にでも帰ろうかなーとかって。
槍、行こ!槍!


せやな。ええな。
よし!今年の夏は槍に登ろか!

(槍=槍ヶ岳)

五月病

彼氏の近況。

慣れない環境にだいぶ疲れているみたい。
電話で愚痴ったり、電話の向こうで落ち込んで無口になったり。
(電話で無言になられると、こっちはどうしていいか本当に困る)
「東京は俺には合わないみたい・・・」って、ちょっと鬱、入ってる感じ。

まだ5月にもなってないのにね。
確実に5月病じゃん。

AM1:36

4月も半分が過ぎた。
僕は残業の毎日で、朝から夜まで働きっぱなしだ。

だって残業時間が、すでにいつもの倍を軽く越えちゃってるんだもの。
いいかげん、疲れるさ。

そんなわけで、休みの日は部屋でぐったり。
一週間の疲れをとるため、ただそれだけの休日。

ようするに、「つまらない大人」をまっしぐらってわけだ。


そんな日に限って、一歩外に出てみたら、超気持ちいい青空だったりして。
こんな生活で、本当にいいのかなーって思う。

そんなことを考えたAM1:36。

彼氏からのメール (17)

●●(共通の知人)から、久しぶりにメールが来たよ。

久しぶりにおまえに会ったら、少しふっくらして、
オトコマエになったねってさ!

んで、負けてられへんわーってさ(笑)

その先にあるもの

YAHOOニュース。
タレントのIKKOが17年間つき合ったパートナーと別れたそうな。

僕はIKKOのファンでもなんでもないけれど、なにげに読んだその記事での、
IKKOの言葉が胸をついた。

「燃えるような愛から、家族愛になり、そして友達になった」

この一行を読んだとき、「ああ、そうか。たぶんこれが『真実』なんだろうな」と思った。
子供も結婚制度も社会的地位もないゲイのパートナーシップは、
突き詰めていけば、最後には人生最高の『友達』になるのだろう、と。

ゲイカップルが、年月とともに関係性を成熟させていったその先にあるもの。
それがもし本当に、人生最高の『友達』ならば、それはすごく妥当な着地点で、
そして、悲しいなとも思う。


明日、僕らは記念日を迎える。
14年目に突入。

彼氏と電話をしていて、もう14年目かという話になって、
「おまえは俺にとって、ただひとりの家族だからな」などと言われて、
嬉しい反面、そっか、もう僕らはIKKOの言うところの、そのステージなのかと、
一抹の寂しさも感じつつ。

マイペンライ

4月に入って、再び仕事が忙しくなった。
最終電車の時間に帰れないことも。

それで、毎日イライラして。

今日も、職場で、やたらミスして仕事を増やしてくれる同僚に、
「何年もこの会社にいて、そんなことも知らないんですか!?」
って、怒鳴ったりして。


彼氏との電話。

「心に余裕がないと、人に冷たくなるんだよ」
「うん、それはわかってるんだけど、さ・・・」
「タイ人みたいにマイペンライ(=ま、いっか)精神でいかないとね、心が腐ってくるからね」
「・・・」
「イライラしたときは、呪文みたいに唱えてみ」

うん、そうだよね。
心が腐ってくるよね。

彼氏だけが、僕を軌道修正してくれる。

彼氏からのメール (16)

東京は桜がほぼ満開に近い状態です。
みんな今日や明日あたりで花見を終えるようですよ。

GWは東京じゃなくて、関西を考えています。
というのも、実家に一度帰らないといけないようで、
東京だとちょっと都合がつけにくいかなというところです。
実家へは一日泊まれればいいから、それ以降はおまえのところに泊まります。

そうそう。昨日、保険証をもらえました。
病気になってもすぐ病院に行けるようになりました。
タイではそんなものはなかったので、とてもありがたいお守りです。

もうひとつのお守りは、もちろんおまえですが、これはたまに毒づくのでいけません。

それではまたね

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。