素晴らしき世界、その後

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のせい

雨の日って、デートに困る。
街をぶらつくのも億劫だし、かといって屋内って映画とかしか思い浮かばない。

けど、見たい映画も特にないし・・・

彼氏の意向で柴又の寅さん記念館に行ってみた。
けど、1時間ももたないのね、結局。

で、柴又の町を歩いていたら、土砂降りの雨にあって、
靴の中まで雨がしみて、もう歩く気も失せて、
なんだか憂鬱な気持ちになった。

そんな気持ちのまま、新幹線で帰宅。
せっかくの彼氏との時間なのに、雨のせいで台無し。

スポンサーサイト

池袋

高くなくていいから、落ち着いた店がいいな。

そんなリクエストに応えて、彼氏が予約してくれたのは、
池袋の和食の店。

美味い肴をあてに、焼酎をくいっと飲む。
これだけでも東京に来た甲斐があったってもんだ。

そのあと、彼氏の家の近くで、2軒目。
やっぱ楽しいね、一緒にいると。


それはそうと、いつも池袋って道に迷うんだよね。
なんか迷路みたいにややこしくない?
西武が東口で東武が西口とかもわけわからんし・・・

高速バス

帰りは新幹線としても、行きは交通費を浮かすために、
高速バスで行こうかな。

軽い気持ちで乗った高速バス。
東京まで8時間。
こんなにハードだとは思わなかった。

昔はきっと耐えられたのだろうけれど、もうこの歳じゃムリだね。
降りたとき、フラフラだったもの。

2ヶ月ぶりの東京。
彼氏に会いに、週末旅行。

火の車

今まで無頓着すぎたのかもしれない。
お金のことに関して。

んなことを思ったこの春。
わずかながら、毎月貯金に回している。

けれど、生活水準はなかなか落とせなくて。
それで、給料日前は火の車。

んな状況のときに限って、ゲイ友からメール。
「いま、●●と一緒なんだけど、飲みに出て来ない?」

葛藤の末、丁重に断ってはみたものの、
こんな生活をはたして続けていけるものかと、思ったりもしている。

時間と空間

仕事がまた忙しくなった。

彼氏は彼氏で時間に余裕がないらしく、疲れている。
Tもまた、仕事に追われて、僕と時間が合わない。

人と人って、お互いの気持ちだけじゃなく、
時間と空間の折り合いがついてはじめて一緒にいられるってわけね。


休みだってのに、今日もまたひとり。

夢物語

最近、彼氏と老後の話をよくする。
それは、今の僕らの現状からすると、ただの夢物語でしかないけれど。

「将来は、タイのパタヤでのんびり暮らしたいね」
「そうだな日本人向けに居酒屋とかしながらな」

毎日、あの開放的な海をみながら一緒に過ごせたら、
どれだけ幸せだろう。

先立つものは「金」だなあ・・・
宝くじでも当たらないかなあ・・・

一緒にはいられない

「俺のこと好きか?」
「大好きでございます」

彼氏との電話、締めくくりは決まってこのフレーズ。


彼氏がタイに行っていたときよりも、電話の回数も増えて、
「付き合ってる」感を感じることができるようになった。

けれど、やっぱり先の見えない遠距離恋愛は、
心のどこかにもやっとしたものを残す。


彼氏が新しい機関に応募書類を送った。
今の(東京の)機関が任期3年で、まだ1年目だから・・・
と本人は迷っていたが、「自分のキャリアアップになるなら、
そっちを優先すべきなんじゃない?」となだめて、
応募することを決めたみたい。

でも、それは関西の機関じゃない。
関西にはいまのところ募集は出てないそうだ。

受かっても落ちても、一緒にはいられない。

チューブ

「俺、むかしチューブが大好きでさ」
「え!?んな、爽やかなキャラちゃうやん」
「いやいやいや。今でもたまに甲子園のコンサートとか行くねんで」

仕事帰りにTがうちに来た。

部屋でやることやって、時間があったから、
近くの居酒屋で一杯・・・のつもりが、酒が進んで、
けっこう語り合っちゃった。

家族のこととか、仕事のこととか、昔の思い出とか。


「今年、時間があったらおまえと甲子園のコンサート行きたいなぁ」

すごい美味しい酒を飲んだ。
Tといると、すごく楽しい。

なんなんだろうね

彼氏と一緒に過ごしたゴールデンウィークの反動で、
休日がいつもより寂しく感じる。

行きつけのゲイバーなんかに顔を出して、
そしたら顔なじみがいて、一緒に騒いだりして。

気がついたら朝までカラオケ歌ってた(笑)


なんか、そんなので寂しさを紛らわせている。

なんなんだろうね、この生活。

ご臨終

昨日、パソコンがお亡くなりになった。
突然のことで、途方にくれている。


ハードディスクドライブがイカれたようで、
ソフトがどうのこうのという話じゃないだけに深刻だ。

しかも、中には思い出の写真のデータや、メールアドレス、
大切なファイルが入っていて、バックアップしてないものがほとんど。


将来のためにと貯金をはじめた矢先。
新しいパソコンを買うのもかなり痛い…

「そら凹むわなー」と彼氏。

うん…まじへこむ…

バッチュ!

「タイのゲイクラブで大人気だった曲なんだ」

彼氏に教えてもらったWonder Girlsの「Nobody」。
日本ではほとんど誰も知らないけれど、アジアではそこそこ有名だそうな。

で、CDでは手に入らないからYouTubeで見てみたら、
イッパツで惚れた。ゲイウケする要素てんこもりなの。

最近じゃ、サビの部分が頭にこびりついて仕事中に鳴り響くほど。

ちなみに、タイのゲイクラブではサビの「バッチュ!」のとこで、
全員で「バッチュ!」ってやってたそうな。

いいな~、僕も行きたかったな~すんげ楽しそう。。。

盗難

彼氏が東京に帰って、また仕事が始まった。

なんとなく身体も気分も重い。

けれど、デスクの書類はいつものように山積みで、
昨日までのまったりした幸せな時間はどこに行ったのだろう?って思った。


家に帰って、ひとつ、あることに気づく。
テレビ台のとこにあった秘蔵のDVD(エロ系)がなくなっていた。

しまった!!彼氏にパクられた!!

ゴールデンウィーク (2)

ゴールデンウィークも終わりが近づくと寂しくなってきて、
あー、またひとりの生活が戻るのか・・・って憂鬱になってきた。

4日間、ずっと一緒だったからね。

スーパー銭湯行ったり、美味いご飯食べにいったり、
昔なじみのゲイバーに遊びに行ったり。


最後の夜、ゲイバーからの帰り。
彼氏が言う。

「なあ、4日間、俺といて楽しかった?」
「うん、いっぱい笑ったし」


「よかった。俺は、おまえを笑わせるために生きてるんだから」





ホームページに神戸の写真を更新しました。
素晴らしき世界(WEB)

ゴールデンウィーク (1)

ゴールデンウィークはあいにくの雨。

彼氏が滞在した4日間のうち、初日が曇りで、あとは雨。
だから、初日に神戸と須磨海岸に遊びに行ったくらいで、
4日間のほとんどを家で過ごした。

テレビ見たり、DVD借りてきたり。
商店街で買い物をして、家でふたりでカレーを作ったり。

ふと、「あ、こういうの久しぶり」って思った。
一緒に暮らしていた頃を思い出す。特別じゃない普通のふたりの生活。

最近、会うときはいつも「特別」で、それは「旅行」で「非日常」だったから。

「なあなあ、しょうゆ取って!」
「え~」
「え~じゃないっ!」

なにげない空気が、ひとつひとつ懐かしい。

kobe03 (300x225)
神戸メリケンパークです。

kobe07 (225x300)
須磨海岸でのんびりしました。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。