素晴らしき世界、その後

MENU

雨男

2日目、雨。
しかも、けっこう本気な感じの雨。

「俺、雨男なんだよな」
と本人が自覚するとおり、僕らが会うときはいつも必ず雨が降る。
前回東京に来たときも、GWに彼氏が関西に帰ってきたときも・・・

台場にある温泉に行ってきた。
ここなら、雨が降っても関係なく楽しめる。
ゆったりと温泉につかって、昼間からビール飲んで。

ゆっくりと流れるふたりの時間。


帰りは夕方の新幹線に乗った。
東京から離れるにしたがって、雨を降らせている重苦しい雲は
やがて薄らいでいき、静岡あたりからは晴天で、車窓から
きれいな夕焼けを見ることができた。

彼氏の「俺、雨男なんだよな」って台詞を思い出して、ちょっと笑えた。


スポンサーサイト

はしご癖

(議題1)
夏山登山のスケジュール

(議題2)
正月旅行の行き先

僕らの今年のビッグイベントについて話し合う。

場所は彼氏が予約してくれた、雰囲気のいい居酒屋。
半個室になっていて、焼酎がいっぱいあって、飯もうまくて。

なんか、幸せな気分。
東京まで来た甲斐があったよ。


そのあと、数件ゲイバーをはしごした。
気分がよかったのか、彼氏の「はしご癖」がまた出てしまったのだ。
昔、嫌というほど苦い思いをした彼氏の酒癖の悪さ。
その日の彼氏の飲み方が、昔のそれに戻っていたから、
次の日の朝にちょっとけん制。
怒ったら、しゅんとしてた。

汗だく

東京は今年最高の気温らしい。

新幹線を降りて、電車を乗りつぎ、彼氏の家に向かう。
梅雨とは思えない日差し。
汗だくになって、シャツを脱いだ。

家に到着。
ドアを開ける。

「おつかれさん」

彼氏の笑顔、やさしい声。
最終的に、僕はこの人が好きなんだな、やっぱ。

行き尽くした

どこに行こうか。

定例の彼氏との電話。
今週末の予定をどうするかで、話はもちきりだ。


大昔、ディズニーランドに行った。
東京タワーも台場も浅草も銀座も新宿も秋葉原も・・・
んー、たいてい行き尽くしてるよな・・・


東京の人って、デートにどこに行くんだろう?

3年目の会話

2年という月日はけっこう長い。
その月日の長さは、一緒に酒を飲んだときの会話で感じる。

最初からの自分の説明を必要としない。
性格も、家族構成も、仕事も、思い出も、好きな食べ物も・・・
お互い、ある程度相手の情報をちゃんとわかっていて、
それゆえに生まれてくる発展的会話。

結局、昨日、Tがうちにやって来た。
どうやらまだ、飽きられてなかったみたい。

それで、一緒に焼き鳥屋に行って、酒を飲んで、
いっぱい笑って、その会話をふと「あー、3年目の会話だな」と思った。

飽きられたかな?

Tと時間が合わないままに、1ヶ月以上経っている。

時間が合わないとはいっても、
「それってムリしたら、うちに来れるよね?」と思うときもしばしばあり、
かといって「昔だったら、ちょっとムリをしてでも来てくれただろうに」などと、
不満をぶつけられる関係でもないので、そのままにしてたら1ヶ月以上が過ぎてしまった。

たしかにメールはくれるけど、んー、そろそろ飽きられたかな?

今日も一応「行けたら行く」ということにはなっているが、はたしてどうか。
まだ連絡はない。

消化不良

ゲイバーで朝まで飲んだ。

何度か顔を合わせたことのある人と意気投合して、
酔っ払った勢いもあって、帰りにその人の家まで
行ってしまった。

たしかに、前からかっこいいなーとは思っていたけれど。
そっか、出会いって意外とそのへんに転がっているもんだな。

これで、僕に彼氏がいなかったら、いい関係になれたのかもね。
自己セーブがかかって、消化不良って感じの出会い。

元気のもと

彼氏から電話があった。
「電話しないとオマエがまた拗ねるから!」だって。
なんだ、えらそうにっ!
数日前に、俺のこと好きだって言ったくせにっ!(笑)

Tからもメールがあった。
おーっす!って、おっさんの乳首からビームが出てるイラストのデコメ付き。
名づけてチクビームというらしい。(そのままやん!)
Tのメールはいつも楽しくて、元気になれる。

あ、うん。元気が出てきた。ふたりのおかげで。
俺ってけっこう幸せ者なのかもなんて、ちょっとしみじみしてみたりして。

(「ふたりの」というところに、違和感を感じなくもないけれど・・・)

Norah Jones

今日も一日、よく働いた。
家に帰ってソファにもたれていると、なんだか疲れがどっと出てきて、
体がすうっと地面に吸い込まれていきそうな、そんな感じ。


静かな夜が流れていく。

テレビをつけずにいると、この部屋は不気味なくらい静かで、
こんな夜はゆったりと音楽でも聴きながらお酒でも・・・てな気分。

一日の終わりに、大好きなNorah Jones。

彼氏からのメール (18)

一晩中、考えました。
俺はやっぱり、どう考えてもお前のことが大好きです。

おやすみさんです♪

そらぞらしい

また逆戻りだ。

電話もメールも、僕からの一方通行。
百歩ゆずってそれを許したとしても、その一方通行さえ繋がらない。

その理由は「忙しい」。

僕もたいがい忙しい生活を送ってると思ってるのだけど、
電話もメールもできないほどの忙しさってどういうの?


昨日なんて、こちらから電話をしたら繋がらなくて、
時間をおいてもう一度電話してみたら、電源切られてた。

「俺、じゃま?」ってメールをしたら、
次の朝にようやく返信がきて「なんでそういう発想になる?」って。

「お前は俺にとって大切な人ですよ」

その言葉自体はすごくきれいだけど、
行動が伴わない言葉って、どこかそらぞらしい。

パソコン

パソコンが壊れて半月強。

なけりゃないで、なんとでもなる。
だって、学生の頃は、こんなのなくてもちゃんと生きていけたもの。
むしろ、こんなのないほうが健全なのかもしれない。

なんて、思ったものの・・・
いつのまにか染まってしまってたのね、デジタル時代に。


ヨドバシで、さんざん見比べて、結局一番安いのを買った。
ポイント全部つかって5万円。
まあ、パソコンなんて所詮、消耗品だし。
今の僕には、5万円だって、かなり痛い。

買ったら買ったで、どうせエッチな動画見るか、ブログ更新するかしか、
使い道ないんだけどね。

ネットカフェ

パソコンが壊れて半月。

修理に出して直りそうな壊れ方でもなさそうで、
かといって、新しいパソコンを買う経済的余裕もなく・・・

そんなわけで、今、ネットカフェに来て、
半月分の日記をまとめて更新している。

ある意味、ネットカフェ難民。

「あったらあったで感謝して、なけりゃないでやっていく」
でも、やっぱ不便だなぁ・・・

僕らをつなぐもの

東京から帰る最終の新幹線はいつもちょっと切なくて、
歌を聴きながら、窓の外の風景を眺めたりしてる。

ふと、あー俺、今、遠距離にひたってるよなーって、
我に帰って、ちょっと気恥ずかしくなったりして。



秦基博の「僕らをつなぐもの」。
あの帰りの新幹線の「感じ」にぴったりな曲で、大好きです。

該当の記事は見つかりませんでした。