素晴らしき世界、その後

MENU

南の国から

件(くだん)のタイ人、コン君からメールが届いた。

正月のサメット旅行のときに一緒に撮った写真を、以前メールで送っていて、
今回はその返信というわけ。

noaawa.jpg

≪以下、メールの抜粋≫
thank you ,how are you ,i miss you na!you known.
i wait you thailand ,you came back thailand ,na
now i wait kor samed
you free time .you chane e mail na
i wait you na
bye bye
see you later
for mr kon

英語ができない同士なので、間違いも愛嬌ってことで(笑)。

ときおり出てくる「na」というのは、
タイ語で、「~だね」「~だよ」的な文末詞なのだが、
それがなんとも、かわいらしい。

さっそく、「コン君からメールきたよ!」と彼氏にも転送。
ふたりで思い出話、花咲かす。

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

寒さひしめきあう1月

東京では雪が降ったのだそうで、
彼氏は「寒い寒い」と、電話で何度も愚痴をこぼす。

「もうこんな寒いのはやだよ」って、昔は寒いのへっちゃらだったのにさ。


彼氏が20代前半の頃から、ずっと見てきているので、
よけいに、最近、彼氏が年をとったな、と思うことがよくある。

まず、寒さに弱くなった。
酒にも弱くなった。
性欲なんて悟りを開いたかのようだし、
おまけに、痛風の気(け)もあり。

「一緒に年を重ねる」というと聞こえはいいけれど、
それはつまり、お互い弱っていくのを見ていくってことなわけで。
ああ、もうこれ以上年をとりたくない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

彼氏のにおい

週末が終わり、彼氏は東京に帰っていきました。

彼氏に貸していたトレーナーを着てみたら、ほんのり彼氏のにおいがしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

幸せって、たぶんこんな感じ。

nabenabe.jpg

仕事が終わって家に帰ると、
電気がついていて、そこに彼氏がいる。

彼氏はテレビを見ながらケラケラと笑っていて、
「今、こいつがこうしてこうなったんだよ」と、その面白さを説明する。
僕もつられてケラケラ笑う。
彼氏の説明を聞いてもイマイチ理解できないんだけれど、なぜだかケラケラ笑ってしまう。

鍋をする。
今日は水炊きじゃないけど、ポン酢も安かったから買っておいたよ。
また今度、水炊きするときに使いなよ。
あと、お菓子も買っておいたから。
あと、それから…
彼氏は安いものを買い貯めする癖がある。昔からだ。

狭いベッドで一緒に寝る。
寒いから、背中と背中をくっつけて眠る。
掛け布団が小さいから、布団の取り合いになる。
朝にはどちらかが寒さで目が覚めることになる。
今日は僕の勝ちだった。

幸せって、たぶんこんな感じ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

彼氏を迎えに、駅まで。

「オマエが来たときいつも迎えに行ってるんだから、今日は迎えに来てよ」
と彼氏が言うものだから、んーなんだか面倒くさいなあと口では言いつつも、
彼氏を迎えに、ウキウキ気分で駅まで。

そして、駅で彼氏を待つ。

まもなく彼氏が現われ、改札からやあという感じで手を振る。

僕:「おかえり」
彼:「ただいま」

彼氏は僕の荷物を持ち、「メシ食いに行こうや」と歩きはじめる。

この一連。

誰かにとっては取るに足りないありふれた日常でも、
僕にとっては、ひとつひとつが胸の奥でじんわりとくすぐったい。

久しぶりに彼氏が関西に帰ってきた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

電柱の日、ようやく。

昔、瀬古選手というマラソンランナーがいて、
彼は苦しいとき、「まず次の電柱まで走ろう」と念じながら走ったという。

いつでも会いたいときに会えるわけじゃない遠距離恋愛にとって、
「次の約束」は、瀬古選手の「電柱」のようなものだ。

次の約束の日まで、なんとかがんばろう。
あともう少し我慢すれば、彼氏に会えるじゃないか。
それが、原動力になる。

明日、彼氏がやってくる。
「近所でおいしい店を見繕っておいてよ」と言われているが、
常々から彼氏が来たらこの店に行きたいな、などと思いながら町を歩いているので、
逆に1つに絞るほうが大変かも。

明日、ようやく「電柱」にたどりつく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

見たことも聞いたこともありません

彼氏が新しく買ったスマホにハンズフリー通話機能てのがあるのを発見したらしく、
これみよがしに自慢してくる。

「これ、今、机に置いたまま話してるんだよね。ちゃんと聞こえる!?」
「超便利だよ、これ」
「え?オマエのはできないの?」

ええ、そんな機能、見たことも聞いたこともありません、ふん。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Time Goes By



友達として会うのも、連絡をとるのも、もうやめよう。
ごめん、俺が全部悪いです。

ひとつの決断をし、ひとつの季節が終わる。

5年間、つきあったり別れたりを繰り返して、
何度も笑って抱き合ったTの姿をみることはもう一生、ない。

帰り道の地下鉄で、こんな曲を聴く。
泣きたいような、ふっきれたような、不思議な気分。

世界に隠れて1月の彷徨

正月以降、仕事といくつかの新年会でなんとなくバタバタしていて、
はたと何の予定もない休日をむかえた本日、1月14日。
さて、何をしましょうや。

まずは切れかけのビダルサスーンとキレイキレイを買いに行く。
億劫だから、日清のカップヌードルで昼メシを済ます。
大人借りしたJohn-Hoon主演の韓流ドラマをイッキに観倒す。

日記というからには一日に起こったことを書かねばなるまいが、
書くようなドラマな出来事は皆無で、一日中、家の中で同じ姿勢で座り続けている。
もしくは買い物で外出するだけなので、もうさっぱり。

「John-Hoon、超かっこええねん!男の子から男になったね、あれは」
つーてたら、電話の向こうで彼氏に絶句され…

てな、さまよう休日。

ブログランキング・にほんブログ村へ

粉が吹く背中の傾向と対策

chie.jpg

冬、きらい。

極度の乾燥肌&冷え性ていう、女子ならありがちなもの2つ。
40を目の前にしたおっさんが併せ持ち。

でも、ことしはこの1本で大丈夫。
スワンナプーム空港で買ったボディーローション。

乾燥肌対策はもちろんのこと、
生姜が入っているから、気持ち温かくなるのだ。
気持ち、だけど。

午後10時、電話に出ない。

午後10時。

いつもの時間に電話をするも、彼氏はいっこうに電話に出ない。
予定があるときは、前もってメールをくれるのが常なのだが。

変だな。
と、思っていたら、彼氏からコールバック。

彼:「あのさ、スマホに変えたわけ。したら、電話の出方すら分からないわけ(泣)」

機械音痴の彼氏に果たしてスマホが使いこなせるのだろうか。
ずっと前に買ったiPodでさえ、音楽の取り込み方がいまだわからず放置状態なのに。

彼:「オマエの見てたら羨ましくなって買ってみたけど、まんまと騙されたわっ!」

ん?俺が騙したのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

悪いニュースとポストカード

今年もすでに一週間?と、
時間の早さに恐れおののく1月7日、夜更け。

悪いニュースがひとつ。
彼氏の出している関西機関への応募書類、そのひとつが書類落ちだった。

まあ、くじけてても仕方ないので、とりあえず前を向いていこうじゃないの、
と、自分で自分にマインドコントロール。
もう、一喜一憂して感情の無駄遣いをするの、やめる。

78s8w.jpg

サメット島で買ったポストカードを壁に貼ってみた。

ほんとは友人や会社のOLに配ろうと思ったのだけれど、
あまりのかわいさにもったいなくなり、自分へのおみやげに路線変更。

ブログランキング・にほんブログ村へ

サメット島にて

jiiisa.jpg

jillilllo.jpg

hrza.jpg

asassa.jpg

f44sa.jpg


sawatdii piimai khrap!


日本に帰ってきて思い出すのは、

空に浮かぶ無数のコンファイと、鳴り響く花火の音、
そして、ワインを飲んで陽気になった彼氏の笑い声。

タイのサメット島から帰ってきた。
去年と同じ島で、今年もカウントダウンをしてきた。

幸せな一週間だった。

どういうわけか、
彼氏と一緒に過ごしているときは、時間がとてつもないスピードで駆け抜ける。
ひとりでいる時間は、苦しいくらい遅いのに。



去年、仲良くなったコン君にも会うことができた。
なかなかお茶目なヤツで、僕らのことを覚えていてくれた。
「オー、去年の日本人じゃん!よく来たね!(という感じをタイ語で言っていた)」

今回と前回に撮った写真を、コン君にメールで送ることになっている。
って、いったい何語で送ったらいいんだろ?
やっぱ英語かなあ…?英語、読めんのかな、あいつ?(笑)



サメット島の写真を更新しました(少し重いかも…)
ブログランキング・にほんブログ村へ

空にコンファイを上げる

ふたりにとって、幸せがいっぱい詰まった一年になりますように。
祈りをこめて、空にコンファイを上げる。



2012年のはじまりに、今年もふたりで一緒に過ごせた。

劇的に「HAPPY」というわけじゃないけれど、

この、じんわりと溢れる「幸せ」という感じを、
大切に大切に抱きしめる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

該当の記事は見つかりませんでした。