素晴らしき世界、その後

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは退屈

「リモコン取ってー!」
「足の裏揉んでー!」
「喉渇いたー!」
「エアコン、暑いわっ!」

家に彼氏がいると、何かとわずらわしい。
僕:「畜生!ここぞとばかりに人を使いやがって!」

DSC04116 (500x332)

生活の中に、話しかける相手がいるという幸せを、
彼氏が帰ったあとの、ひとりの部屋で思う。

ここは退屈、彼氏がいないと。

スポンサーサイト

オマケの夜

僕の部屋に泊まりに来たのが3日前。

そのあと出張に向かい、出張先からまっすぐ帰る予定の彼氏だったのだが、
急に予定が狂って一日休みができたからと、大阪で途中下車して、
また僕の家に泊まりに来た。

この展開は想定外。
はからずもオマケが当たった的な。

DSC04112 (500x331)

美味しいお酒を飲みました。
もちろん添い寝も(笑)

本日、確変ばりのラッキーデー。

冬枯れ

DSC04040 (500x332)

なんだかうまくいかねえナァ、なんて、
冬枯れた淀川で。

彼氏が帰っていきました。

強がって何もないふりをしたけれど、
愚痴のひとつでも聞いてもらったらよかったと、

今となっては思ったりしています。

甘くてもう息もできない

よく「まだセックスはあるんですか?」なんて聞かれるけれど、
ストレートの夫婦の多くがそうであるように、
僕らだって、18年もいれば性欲なんて湧くはずもなく、
そっち方面ではいわゆる枯れた関係だ。

とはいえ、「添い寝」となるとまた別の話で、
僕らは今でもよく手をつないで寝たりする。
あるいは、背中と背中をくっつけあったり。

それですらも気恥ずかしいと言えば気恥ずかしいのだが、
つないだ手や背中の、そのあったかさときたら。

DSC04106 (500x332)

昨日、たった1日だけだったけれど彼氏がうちに泊まりにきた。

正月のタイ旅行ぶり。
なんだかんだ事情があって、結局伸ばし伸ばしになって、
ようやく日が取れた。

それで、近くの居酒屋で軽く酒を飲んで、
うちでお笑いのDVD見てケラケラ笑って、

そして、狭いベッドにふたりで寝た。
いつもみたいに、
手をつないだり抱き合ったりして。

もう恋だの愛だのへったくれもクソもミソもないふたりだけれど、
その添い寝の時間だけは「特別」。
甘くてもう息もできない。

門戸厄神

雪の降る中、友人についてきてもらって西宮の門戸(もんど)厄神に行ってきた。
今年「前厄」なので、厄払いに。

DSC04096 (500x332)

信心深いほうではない僕も、流石に「厄」ともなるとビビッてしまって、
普段ではとうてい考えられない「五千円コース」を何のためらいもなく。

「僕と彼氏と家族と友人に悪いこと起こりませんように」

雪月花の時

DSC04089 - コピー (500x332)

めったに雪が降らないこの町に、雪が降った。

朝、カーテンを開けたら一面まっ白で、
即効、写メを撮って彼氏に報告メールをした。

「雪月花時最憶君〈せつげつかのときもっともきみをおもふ〉」

白居易の詩らしい。まさにそんな感じ。

天満~南森町界隈

折角なので天満(てんま)から南森町までぶらぶら散歩してみました。

DSC04034 (332x500)

DSC04035 (500x332)

DSC04004 (500x332)

DSC04019 (500x332)

DSC04023 (500x332)

梅は咲いたか

彼氏の栄転を祈願しに大阪天満宮を詣でた。

彼氏が今の職場に就職が決まったのが2年前。
あのときも願掛けは大阪天満宮だったので、げんを担いでもう一度。

彼氏が出世しますように。
東北から脱出できますように。
神様、頼むよ。

DSC04000 (500x331)

この寒さの中、境内の梅はまだがっしりと蕾だったけれど、
それでも気の早いのがちょっとだけ咲いていてびっくりした。

梅は咲いたか桜はまだかいな、てなもんで。

DSC04009 (500x332)

サヨナラCOLOR


SUPER BUTTER DOG - サヨナラCOLOR

東北脱出計画

僕に足りないのは「思い切り」なのではないか。
そう思うときがある。

あのときも、あのときも、あのときも、
考えてみれば願いを叶えるタイミングなど、いくらでもあった。

DSC03231 (500x332)

件(くだん)の彼氏の東北脱出計画が動き出した。
成就するかどうかはわからない。
本人は薄いというが、もしその話がうまく進んでしまったら、
僕はひとつの決断をしなくちゃいけない。

いまは情熱が欲しい。
向こう見ずとか無鉄砲と揶揄されるくらいの。

理性や冷静さやあるいは臆病さが、僕の邪魔をする。

マスオカさん

「調子はどないやの?」
「今日こっちは雪だよ。」
「知ってた?サザエさんのマスオさんの声優、マスオカさんって名前なんだって!」
「しんどいときはコレを見なっ!」(彼氏の変顔写真付き)

DSC03994 (500x332) (2)

彼氏からたくさんのメールが届く。
どれもこれもたいした内容ではないけれど、実は内容なんてどうでもよくて、
ひとりじゃないってだけで嬉しい。

そんなインフル2日目。

はやりもの

巷のはやりものなんぞに疎いこの僕が、
今絶賛大ブレイク中のインフルにかかってしまった。

そんなわけで仕事も休んで、部屋にこもっている。

男四十、ひとり暮らし、インフル。
映像(えづら)的にこれ以上侘しい姿が他にあるだろうか。

ふらつきながら、
部屋にあった食料でかろうじて明太子スパゲティーを作ってみる。
食べた感想、やっぱり侘しい。

これさんだばど

よっこいせと座るやいなや、次から次へと品物が出てくる。

棚に飾ってある写真を持ってきては「これぼく」「これおかしゃん」、
電車の本を持ってきては「これななひゃけ(700系)」「これさんだばど」、

そのたびに僕は「おお凄いなあ」「よく覚えたなあ」と反応する。
その反応を聞いて満足そうにちょこまかと走っていき、
また次の品物を持ってくる。

飽きることを知らないので、延々その作業が続き、
しまいにはCDデッキを持って来ようとしてみんなに止められる始末ww

無条件にかわいい僕の甥っ子。
目に入れても全然平気、痛くない。

子供、欲しいナァ…

人生が用意するもの

DSC03982 (500x302)

長年つきあっていると、
彼氏でよかったと思うときと、彼氏じゃなかったらと思うときがあります。

けれども、この人以上はもう現れないという、
いい意味での「あきらめ」もあって、どうにかこうにか今に至ります。

人生が用意するもの。

それにちゃんと乗っかり続けることが大切なんだと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。