素晴らしき世界、その後

MENU

建てましにつぐ建てましポルカ

kansaiA[1] (354x500)

ヨーロッパ企画の
『建てましにつぐ建てましポルカ』のDVDが発売になったので、
ネットで即買い。
http://www.europe-kikaku.com/

時は中世。
建てましにつぐ建てましで迷路のように複雑になってしまった城で、
諸侯と従者が延々道に迷うという、
なんともヨーロッパ企画らしいナンセンスな芝居で、

思わず続けざま2回見ました。
めちゃくちゃ面白かった。

     ☆     ☆     ☆

ちなみに、公演予定の『ビルのゲーツ』、先行抽選が当たりました。
今から楽しみです♪

スポンサーサイト

平成デジタル世代

甥っ子と遊ぶ。

最近の子はすげーなーって思う。
言葉もまだ覚えたての子が、デジカメの使い方を完全にマスターしていて、
撮影するばかりか、過去に撮ったやつを再生して見せてくれる。

僕のスマホも勝手にいじりだして、スクロールとかしてるし、
さすがデジタル世代。
泥遊びして鼻水垂らしてた僕ら昭和っ子とは違うわけだ。


最近、仕事が忙しくて、しかも嫌なことが多くて、
ともすれば、すさみがちだった僕をリセットしてくれる。

子供がすべてじゃないけれど、
子供がいる人生って、きっと幸せなんだろうナァ。

おさらば

DSC04366 (500x332)

「もうこんな田舎、早くおさらばしてやるっ(泣)」

と、いつも嘆いている彼氏の毎年恒例、
東北脱出大作戦が今年もたけなわを迎えている。

とはいえ、次のポストを簡単に得られるわけでもなく、
よしんば得られたとしても、それがまた片田舎だと意味がないわけで、
今年もすでに数件のポストに応募したみたいだけれど、
はて、どうなることやら。

ましてや、「関西」と限定すれば、針の穴を通すような業になるわけで、
僕らがふたたび一緒に暮らすのは、いったい、いつになるんだろう、
そんな日は、本当に来るのかな?

「できれば関西!最悪、名古屋や東京でも今よりは近くなるでしょ?
ま、そのうちなんとかなるからさ、焦らない焦らない」

って彼氏は言うんだけど。

性懲りもなく

彼:「今年も水虫なわけ!」

僕:「またかっ!毎年毎年、性懲りもなくっ!」

彼:「好きでなってんちゃうわっ!」

よこしまにもなれない夜

夏のにおいがする、
人恋しいというか、彼氏恋しいというか、
そんな、少し煽られた感じの夜。

に限って、彼氏と連絡がつかない。
ったく、どこをほっつき歩いてるんだか。

昔ならばそんなとき、よこしまなことを考えなくもなかったけれど、
今はもういい歳なので、テキトーに自分をごまかしてやり過ごす。

歳をとったらこういう感情とか、なくなると思ってたのにナァ。

DSC04858 (500x332)

で、『Peeping Life』観て、さぶかるちゃーにどっぷりつかる。
こうゆう無意味なの、大好き。
http://www.cwfilms.jp/peeping/

ハルカスの感想など

DSC02438 (500x332)

友人とあべのハルカスでランチする金曜日。
天王寺も久しぶりなら、ハルカスも初めてだったので、
「日本一のビル」ってのを結構期待して行ったけど、なにげふーんて感想で。

同じシーザー・ペリでも、
クアラルンプールのペトロナスツインタワーなんかは超カッチョイイのに。

平日だったからマダムたちにまみれて、スンドゥブのセットを食べた。
まずくはないけど、正直、千五百円の価値はなかったかな。
個人経営の韓国料理屋の方が何倍も美味い。

こちらも「高いだけ」。

直島産 SOLA SHIO

DSC04856 (500x332)
直島に行ったときに買った塩で料理をしてみた。

実は僕は塩にはちょいとうるさいんですよね、
なんてことはさらさらないのだが、

気のせいか、普通の塩より美味しく感じた。
GW旅行の思い出風味。

つきあうことは「契約」じゃない。

つきあうことは「契約」じゃない。
「約束」ですらない。

今、一緒にいることの「理由」に過ぎない。

だから、常に相手を大切にしなくちゃいけない。
相手が一緒にいたいと思ってもらえる自分にならなくちゃいけない。

それ自体が、未来を保障するものじゃない。
そこを、はき違えてはいけない。

昨日の晩、眠れなかった代償として得た教訓、あるいは戒め。

被害者は誰だ

深夜4時、隣の部屋のカップルの大喧嘩がはじまる。
どうやら男の浮気がバレたらしく、
喧嘩というより、女が一方的に感情的になって、大声で責め立てるという感じ。

最後に男が言う。
「じゃあもう別れよ」
「なんでそういうことになるの!!こんなに私を悲しませて少しも悪いと思ってへんの!?」
挙句、女は泣きわめく。「被害者は私」と言わんばかりに。

世の中にはバカな女が多すぎる。
相手をぎゃふんと言わせることが解決だと思ってるのだろうか?

ある意味、
そんなくだらない女に時間と金と労力を使ってきた男のほうが被害者だと思う。

まあ、一番の被害者は、夜の夜中に起こされて、
ずっとそんなくだらない話を聞かされていた僕なんだけれど。

人生やってらんない

DSC04853 (500x332)

そんなに稼ぎがあるわけじゃないふたりが、
まあ、それでも人生を楽しもうじゃないの、ということで、
だいぶムリをして、今年の夏は「トルコ旅行」を計画している。

彼氏はことあるごとに『飛んでイスタンブール』を口ずさみ、
僕はガイドブックを読み漁る始末。
(『ことりっぷ』を読破したので『地球の歩き方』を購入)

身の丈に合わない贅沢なのは重々承知しているけれど、
こんな楽しみでもなけりゃ、人生やってらんない。

東京うまいもん紀行

東京で食べたものをご紹介。

DSC04821 (500x338)
赤坂のベトナム料理屋で食べたフォーと生春巻き。
P1520585 (500x337)
赤坂サカスのバーで飲んだビール(健康を考えてノンアルコールw)
P1520518 (500x337)
上野の居酒屋で食べた七輪焼き。
DSC04827 (500x338)
渋谷の焼き鳥屋で食べた焼き鳥。

     ☆     ☆     ☆

僕が彼氏に会いたい理由は、
「おいしいごはんが食べたい!」「おいしい酒が飲みたい!」
ということに尽きるわけで、

そのために、わざわざ高い交通費を出して彼氏に会いに行っている、
と言っても過言ではありません。

何を食べるかじゃなく、誰と食べるか。

そして、
一緒に食べるごはんが、あるいは一緒に飲む酒が、
誰と食べたり飲んだりするよりも一番おいしい!と思えるうちは、
僕らは安泰だと思うわけです。

フエルサ・ブルータ

P1520544 (500x338)

彼氏と『フエルサ・ブルータ』に行って来た。
http://fuerzabruta.jp/
これは超絶楽しい!

ふたりとも大興奮ではしゃぎすぎて、
終わったあと、赤坂サカスのバーでビール飲みながらぐったりw

P1520590 (500x338)

彼:「疲れたわ・・・」
僕:「うん、ほんまに・・・」

P1520592 (500x338)

拝啓、新幹線より

どうなんでしょう?

僕と彼氏が、関西と東北で遠距離してて、
2ヶ月に1回くらい東京やなんかで会って、
そういう遠距離が都合7年ほど続いていて…

というこの状況を、人はどう思うんでしょう?

自分としては、仕事なんかさっさと辞めて、
彼氏を追っていけばよかったのかも…
という思いも多少はあるものの、

もしそうしていたら、きっとどこかで破綻してただろう、
という確信めいたものもあって、

でも、このままの状態がいつまでもだらーっと続いたとしても、
それはそれで、どっかで限界が来るのだろうし、

なんだか、
よくわからないままに時間だけ捨て去っている今日この頃です。

いま東京に向かう新幹線の中です。
今晩、彼氏とおいしいお酒を飲んできます。

今日は青空で、
車窓から見える小田原の海がとてもきれいです。

退職祝い

友人の転職が決まった。
休みもほとんどなく、一緒に飲んでても急に呼び出され、
精神的にまいってる姿をさんざん見てきたから、
妥当な決断だと思う。

この年齢(僕と同い年)なのに次の仕事が決まったらしく、
やっぱ手に職があるっていいなーと、羨ましくも思ってみたり。

シャンパンあけてお祝いした。
退職おめでとう(*^▽^)/★*☆♪

該当の記事は見つかりませんでした。