素晴らしき世界、その後

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々、は待ってくれない。

トルコから帰ってきたと思ったら、
彼氏は、すぐさま仕事でタイに行ってしまった。
電話できなくもないけれど、
忙しそうなので連絡はメールだけにとどめている。

彼氏からメールが届く。

「オレは、オマエが大好きです!
いつか、ふたりでここタイに住みましょう」

スポンサーサイト

一生モンの思い出

トルコ旅行は本当に楽しかった。
気球から見た朝日も、街角で飲んだチャイも、
全部、一生モンのいい思い出。

DSC05468 (500x332)

けれど何も問題がないわけじゃなかった。
ここには全部は書けないけれど、
互いに、実家のこと、仕事のこと、諸々があって、

旅行中に届くメールに「ハァ」とため息をついては、
「よし今は忘れよう、旅行を楽しむことだけを考えよう」と、
抱えているものをいったん棚上げしての、
楽しい旅行だった。

DSC05693 (500x332)

「そんな年齢なんだよ。支えあって生きていこう」
と、彼氏が言った。

もう若い頃のように、何の問題もなく生きていけるわけじゃない。
親は弱っていくし、自分自身も衰えていくし、
仕事だって何だって、これから、うまくいかないことのほうが多くなっていくんだろう。

けれど、救いがある。
僕らは支えあうことができる。
そのことを僕はありがたいと思う。

惚れた腫れたで、短い恋愛を繰り返すような人生をしてこなくてよかったと、
ちゃんと寄り添いあえる人を見つけられてよかったと、
この年になって本当にそう思う。

そんな旅行だった。

トルコ写眞

夏休みはトルコ・イスタンブールとカッパドキアに行ってきました。

DSC05473 (500x332)

DSC05470 (500x332)

DSC05463 (500x332)

DSC05235 (500x332)

DSC05668 (500x332)

DSC05041 (500x332)

DSC05681 (500x332)


HPにトルコ旅行記をUPしました。画像が多いので前編・後編に分けています。
◆トルコ旅行記【前編】  ◆トルコ旅行記【後編】

倚門之望

DSC04747 (500x332)

この前、元気がなかったからと心配して、
母親が電話をくれた。

夏休みにトルコに行くっていったら喜んでいた。
ハハはムスコが楽しく生きていることがシアワセなのらしい。

まもなく四十(しじゅう)になる息子に言うセリフかよ、とも思うのだが、
いくつになっても、母親なんだなあ。

この夏、

この夏、
「夏らしい」ことを何ひとつしていないことに気づく。

昨日、友達と飲んだ。
そんないつもの週末、季節感も高揚感もゼロ。

DSC04887 (332x500)

今朝、トルコ旅行のチケットが届いた、
それで、一気に旅行気分まんちくりん。
まだ一週間以上あるのに、早々に荷物をまとめはじめたりしている。
変圧器やら、諸々の旅行グッズを買ってみたり。

だって、それくらいしか楽しみがないんだもの。

やみくも

下手な鉄砲も、というわけではないのだろうけれど、
彼氏はいま「田舎脱出大作戦」と銘打ち、
ふたりが一緒に暮らしやすい環境を求めて、ほうぼうの機関にアプライ中。

こういうのを「やみくも」って言うんだよね?ってくらい、次から次と。

彼:「こんだけ出してるんだから、どっかひっかかるでしょ?」

そうなればいいんだけど、
これで、どこにもひっかからなかったときの、
彼氏の落ち込みが今からコワイ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。