素晴らしき世界、その後

MENU




そして明日、
この町に、

彼氏が帰ってくる。



8年間の意味

暖かくなったと思ったら、また急に寒波がやってきて、
もう要らないと片付けたコートを引っ張り出した。

あと3日ほどでこの寒さも抜けて、
そしたら本格的な春が来るらしい。

このところ、
僕は離れ離れだったこの8年間の意味を考えている。

長くて暗くてゴールが見えない年月だったけれど、
この忍ぶ月日がなければ、
僕らはお互いの大切さを知ることもなく、
きっと駄目になってしまってたんじゃないか、とも思う。

まあ、結果論ではあるけれど。

あとすこしで、僕らの長かった冬が、終わる。

3月22日

IMG_20150320_121316.jpg

桜のつぼみがパンパンに膨らんでいる、
3月22日。
帰り道にレミオロメンの3月9日を口ずさむ。


花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ



彼氏がやっと引越しの作業に入り、
今、段ボールにまみれて生活をしているという。

明後日には向うの部屋を引き払い、
そして月末ギリギリにこっちに荷物が届く。

その頃には満開であろう桜を見る喜びを、
分かち合えるのであれば、

それはきっと。

走るぞ!

彼:「そっち行ったら毎晩走るぞ!」

僕:「ええ~しんどい」

彼:「んにゃ、走る!これからは健康がテーマなわけ」

僕:「仕事忙しいし、時間もないし」

彼:「駄目っ!」

DSC_0248.jpg

なんてことには、ならない。

8年間ずっと離ればなれだったんだから、
あと2週間なんて、屁みたいなもんでしょ?

なんてことには、ならない。

この部屋は、
ひとりで暮らすには、広すぎる。

いい気なもんだ。

引越しから1週間が経ったものの、

まだ、自分の家という感覚はなく、
他人の部屋に泊まらせてもらってる感じ。

そんな違和感。
ひとりだから余計にそう感じるのかな?

     ☆     ☆     ☆

彼氏は海外出張に行っていて、
街角スナップなんかを毎晩メールで送ってくる。

「お土産はGETしましたよん」だって。
いい気なもんだ。

こちとら年度末で神経すり減らしてるっていうのにさ。

とにかくあと2週間。

それもまた、人生。

知ってる人の恋愛が終わった。
けっこう長かったので、びっくりしている。

終わることを選ぶのも、人生。
終わらないことを選ぶのも、また人生。

うちらの場合は、

終わらないことを選んだというよりも、
終わることを選んでこなかった、と、言うほうが近いのかも。

それもまた、人生。